スムーズな査定の進め方【ヴェゼル購入編】

流れの良い商談をはじめるためには
マイカーの査定の申しこみをするときは、査定担当者の対応を見て感じをつかむことが大切です。
やっぱり、査定をするのは人です。その人の個性にもよりますが、感覚を捜すことで、ある程度の査定額の偏向を把握することができます。仮に、査定の際、担当者に真剣さをあまり感じられないような場合は、高値は望めないでしょう。

 

そうした時点で、取引を打ち切って、他の業者に切り替えた方がいいかもしれません。感じの悪い査定担当に、いくら愛車の魅力的なところをいい通してもそれが通ることは難しくなります。査定士は玄人なので、アピールしなくても基本的に査定引上げのポイントは見逃しません。

 

商談の見切りを付ける時

結果を急ぎすぎて無理に成約すると、後ほど他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感触が良くない時は、あっさり切り上げる方が堅実です。査定担当者に対しては、ある程度はアピールしてもいいのですが、あまりしつこすぎると逆に感触が悪くなるので、注意しなければなりません。

 

査定担当者は早い段階で契約を取りたいと思っています。そのためには、好感触だなと感じていても、身長に焦らず対応するのが不可欠です。

 

 

ヴェゼルの新車を通常よりも50万円安く買える方法と、値引拡大や下取り査定アップの流れを紹介しています。